2020年春財布、金運風水鑑定早割キャンペーン、スタート!(11月30日まで)

ご存知ですか?運を構成する5要素

更新日:

ご存知ですか?運を構成する5要素

「運」と聞くと、生まれた瞬間に決まっていて簡単に変えられないものと思いがちです。

特に、思い通りにならないことが続くと持って生まれた「運」は変えられないとネガティブになるものです。

ですが、それでは面白くありませんよね。

実際、運を良くすることは可能です。

なぜなら、「運」とは

  1. 命(めい)
  2. 運(うん)
  3. 風水
  4. 陰徳(いんとく)
  5. 読書

から、生み出されるからなのです!

詳しく説明しますね。

命(めい)と運(うん)

命(めい)とは、持って生まれた資質や才能など。

運(うん)とは、人生のバイオリズム。

命と運は、持って生まれたものですので変えることはできません。

運がいい、悪いとか言うときに多くの人がイメージしているのは、この2つにあたります。

風水

風水とは、ご存知のように住まいやオフィスなど、場の気を整えることですね。

私の運の師匠は、風水で、20%運がアップするとおっしゃっています。

たったの20%?!と思われるかもしれませんが、仮に、好調時100に対して、今現在が70の人がいたとしましょう。

70%×1.2=84%ですから、おろそかにはできない差ですよね。

陰徳(いんとく)

陰徳とは、徳を積むことです。

「徳」と聞くと、寄付する、ボランティアに行くなど、大変そうに感じますよね。

ですが、寄付やボランティアも、もちろん陰徳になりますが、もっと日常的にできることで陰徳を積むことが可能です。

日常でできる陰徳

  • 挨拶をする
  • 健康でいる
  • <笑顔でいる/span>

これ、全て、陰徳。

そして、陰徳こそ開運の真髄です。(本日もこれが一番言いたかった(笑))

読書

読書とは、日々の勉強、学びのことです。

本を読んで、
知らなかったことを知る
考え方を変えてみる
というのも素晴らしいですよね。

また、周りの人の言動から、はっと気づかされることも人生の学び。

いくつになっても常に学び続ける姿勢こそが、「運」を決める最後の要素なのです。

最後に

命・運・風水・陰徳・読書。

豊かな人生を生きるために持って生まれた「運命」の占める割合は、意外と低いかもしれませんね。

-開運コラム

Copyright© 吉方位・開運日・金運財布鑑定!みわナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.